アードナムルッカン蒸溜所-プライベートカスク樽の価格や購入方法は?

はっしー

https://www.adelphidistillery.com/private-casks/

テレビ番組などでも紹介されて話題になっている「アードナムルッカン蒸溜所」
公式サイトでは、プライベートカスクといい個人でもウイスキー樽が購入できるプランが紹介されています。
残念ながら2020年度は受付が終了していますが、メールマガジンを登録しておくことによって来年2021年のプライベートカスクの受付再開時に早期に連絡を受け取ることができます。どのくらいの金額で樽を購入できるのか、どんな種類を選べるかなどを紹介してみます。

以下の文章は公式サイトのプライベートカスクを日本語に翻訳したものです。一部誤りなどがあるかもしれませんが、ご容赦ください。今年の受注は終了していますので、お問い合わせはご注意ください。

海外取引は問題も多く、クレジットカードが使えないだけでなく、10年後にボトルを受け取る際にも様々な費用が掛かります。英国の酒税と日本の関税、ラベル、ボトリング費用、輸送費用、保険料などが必要です。現在は問題がなくても、数年後にEU離脱により酒類の輸入に大きく影響が出る可能性もありますので全て自己責任となります。トラブルが起きても返金などはありません。

アードナムルッカン蒸溜所のプライベートカスク

アデルフィ蒸留所(Loch Katrine Adelphi Distillery)は、1826年にグラスゴーに設立され、1920年代までウイスキーを生産し、1970年まで熟成施設として継続していました。長らく閉鎖されていたのですが1993年に独立したボトラーとして再出発し、最高品質のシングルカスクウイスキーと限定版ウイスキーを発売して世界的な評価を得ています。そのアデルフィが運営するのがこのアードナムルッカン蒸溜所です。

2007年にアデルフィ社はスコットランドで最も人里離れた、絶景の地の一つであるアードナムルッカン島に新しい蒸留所を建設するための事業化調査を開始することを決定しました。2013年初頭に工事を着工、なんとわずか1年後に完成しました。アードナムルッカン蒸溜所は伝統的な価値観と最先端の技術を駆使して建設されました。特に環境配慮がなされ、スコッチウイスキー製造のときも自然なサイクルを維持しています。これによって熟成されたウイスキーは最高品質になることでしょう。

アデルフィの大麦は、ファイフのボトリング倉庫に隣接するブルームホール農場で主に栽培されています。蒸留所では100%地元産のウッドチップを使用して加熱され、生産物であるドラフとポットエールは、地元の家畜の飼料や周辺の畑の肥やしに使用されています。
最後に、可能な限り複雑なウイスキーを造るために最も重要なことは、穏やかで湿った気候の中で長期熟成させることです。そのために、アデルフィ社は蒸留所の裏手にある丘の中腹に2階建てのダンネージ倉庫を建設し、数ヶ月かけて最高級のバーボンとシェリーの樽を調達しました。

19世紀半ばに描かれたアデルフィの漫画「ダンディマン」は、ウィリアム・グラッドストーン卿が大麦の穂の上でエネルギッシュなパ・ド・バスを披露している様子を描いたもので、熟成後に各樽に残ったウイスキーの量にのみ増税が認められ、元々の樽の量ではなく、樽の量に応じて増税が認められるという新しい法律の成立を祝しています。長期熟成に対する罰則が撤廃されたことで、スコッチウイスキーは本当に消費するのに適した状態になるまで樽の中に保管されるようになりました。

カスクの割当と保管などについて

私たちは、アードナムルッカンのスピリッツの新しいカスク、またはカスクを購入する非常に稀な機会を提供することを喜んでいます。毎年、少数のカスクのみが先着順で販売されますが、ご注文は自動的に次の年のカスクの割り当てに引き継がれます。(※2020年の募集は終了しています。)

樽はすべてアードナムルッカンの蒸留所の隣で熟成され、10年間の貯蔵と保険が含まれています。カスクが熟成した後は、ボトリングのお世話もさせていただきます。ほとんどのファーストフィルカスクは10年以内に熟成すると思われますが、リフィルカスクはもう少し時間がかかります。10年以上保管をご希望の場合は、その時点での保管料と保険料をご負担いただくことができます。

万が一、熟成中にカスクが破損したり、空っぽになったりした場合は、蒸留日や木の種類などの点から、最も近い代替カスクをご提供いたします。最初の年はカスクが「飲み込み」をするため、約5%の熟成ロスが発生し、それ以降の年は約2%のロスが発生することにご注意ください-これは「天使の分け前」として知られています。

ご注文をお受けした際には、全額お支払いのための請求書を発行いたします。お支払いが確認され次第、お客様の樽に充填し、所有権証明書をお客様にお渡しします。この作業には最大3ヶ月かかる場合がありますのでご注意ください。カスクが熟成して瓶詰めされるまでは、関税や付加価値税はかかりません。

アードナムルッカンの用いるウイスキー樽について

蒸留所の従業員の間では、昔から「木がウイスキーを作る」と言われてきましたが、近年になってようやく「木がウイスキーを作る」と言われるようになってきました。しかし、この格言の真実が官能化学者によって理解されるようになったのは、近年になってからのことです。

伝統的にスコッチウイスキー産業では、オーク樽の形をした木材をアメリカ、特にケンタッキーとテネシー、そしてスペインのヘレスとその周辺地域から調達しています。樽の熟成には、アメリカンオークとスパニッシュオークの両方が使用されています。アメリカンオークは通常、スペイン産よりも品質が良いのですが、一部のウイスキーに見られる濃い色を形成するタンニンがありません。

これらの樽には、アメリカの場合はバーボンウイスキーやテネシーウイスキー、スペインの場合はシェリー酒を使用して、一度味付けを行います。この味付けは、スコッチウイスキーになる新樽のスピリッツを受け入れ、熟成させるための理想的なレベルにオークを準備します。

元バーボン樽の容量は約190リットルで、アメリカンオークを使用しています。元シェリーのホグスヘッドは約250リットルの容量があり、アメリカンオークとスパニッシュオークのどちらかで作られています。ホグスヘッドは、ローリングに理想的なサイズであることから、スコッチ産業に古くから親しまれてきました。

元シェリーのバットの容量は約500リットルで、アメリカンオークまたはスパニッシュオークを使用することができます。

通常、カスクが小さければ小さいほど、木とスピリッツ、またはウイスキーの比率が高くなるため、熟成が早くなりますが、これは各カスクが持つ個々の活動レベルにもよります。

樽は伝統的な方法で、側面に最大3段の高さで保管されます。これにより、スコットランド西海岸の比較的一定の温度と湿度の高い環境で、完璧な長期熟成環境を作り出すことができます。

気温の変動が激しい東海岸やスコットランド中央部よりもアルコール度数は早く低下すると予想されますが、容量は大きいままであるはずです。フレーバーを促進しつつ、アルコール度数に応じて支払う義務を軽減するためには、素晴らしい組み合わせです。

シェリー樽について(アメリカンオーク樽とスパニッシュ樽)

アメリカンオークはバニラやココナッツのような全体的な甘みを感じさせ、スペイン産オークはサルタナのような濃いドライフルーツのような最初の甘みやリッチさを感じさせてくれます。スペイン産オークのタンニンは色を促進し、ドライなフィニッシュを与え、より消化の良いスタイルのウイスキーに適しています。

これらの風味はもちろん、私たちの独自のスタイルであるアードナムルッカンのスピリッツと調和し、柑橘系のフルーツ、クリーミーなメレンゲ、ほのかなチリペッパーの素晴らしい複雑さをすでに示しています。ピートをかけていないスピリッツには、水に含まれるピートの香りがわずかに残っていますが、ピートをかけたスピリッツには、かなりのレベルのスモークが加えられることを期待しています。

アードナムルッカン プライベートカスク樽の価格

「樽の種類」「樽ごとのおおよその充填量」「樽の金額」

ピート無し
アメリカンオーク(バーボンまたはテネシー樽) 190 – 200 リットル
アメリカ産またはスペイン産オーク-EXシェリーホグスヘッド 250 – 260 リットル 
アメリカまたはスペイン産オーク-EXシェリーバット 500リットル

ピート有り
アメリカンオーク(バーボンまたはテネシー樽) 190 – 200 リットル
シェリーホグスヘッド 250 – 260 リットル
アメリカ産またはスペイン産オーク材-EXシェリーバット 500リットル

公式サイトから金額が取り下げられたため、こちらの記事も金額を非表示にしました。ご了承ください。

スコットランドで作られたスピリッツ(3年後にはウイスキーになる)がこの樽に充填されるのは初めてのことです。
木はまだ活発的な状態なので約10年という比較的スピーディーな熟成を可能にしています。
ただし、より長い時間をかけて熟成させたい場合は、詰め替え用のカスクもご用意できる場合があります。
充填量はあくまでも目安です。各カスクの容量は若干異なります。

アデルフィの歴史

1826年 ゴルバルの北端にあるビクトリア橋のすぐ南、クライド川の川岸に1826年にチャーリーズとダビッド・グレイによって建設されたロック・カトリーヌ・アデルフィ蒸留所。
1840’S アンドリュー・ウーサーがブレンド技術を完成させ、現代のウイスキー産業の祖となる。
1860年 ウィリアム・グラッドストーンがスコッチ・ウイスキーを販売の準備が整うまで非課税にする法律を可決。パンチ・マガジンがダンシー・マンの漫画で祝賀。
1880年 アデルフィの所有者がリバプールとリメリックにある2つの既存の蒸留所の所有者であるMESSRS A WALKER AND COに変更されました。WALKER AND COは、新しい資本を投入し、麦芽だけでなく、穀物の蒸留酒の製造を含むように作業を拡張します。新しいコッフィーがまだ設置されています。
1886年 コフィースチルと4つのポットスチルはすべて完全に生産されており、ロッシュ・カトリーヌ・アデルフィ蒸留所は年間50万ガロン以上の生産量を誇るスコットランド最大の蒸留所の1つとなりました。
1903年 蒸留器会社がアデルフィを買収。
1906年 グレート・ゴルバルスの大惨事 – 蒸留所内のコロッサル洗濯機の一つが崩壊し、近隣の通りをアルコールの潮の流れに巻き込む死亡事故が起きる。麦芽の蒸留が中止。
1907年 ポットはまだマルトウイスキーの生産を停止しますが、穀物の蒸留と樽の成熟は継続。
1932年 COFFEYはグレーンウィスキーの生産を中止。
1968年 保税倉庫の使用を停止。
1971年 ロッハ・カトリーヌ・アデルフィ蒸留所の最終解体工事。
1984年 アデルフィ蒸留所の跡地にグラスゴー中央モスクが建設された。
1993年 JAMIE WALKER (ARCHIBALD WALKERの曾孫)が独立したボトラーとしてアデルフィの名を復活させたのは、モルトウイスキーの謎を解明し、希少で熟成された最高品質のモルトウイスキーを限られた数だけ、ウイスキー愛好家に提供するためでした。チャールズ・マクリーンがアデルフィの “チーフノーズ “になる。
1994年 JAMIE WALKERがPUNCH MAGAZINEのWILLIAM GLADSTONEの漫画の版権を取得し、DANCEY MANは正式にアデルフィのMASCOTとして採用される。
2003年 JAMIEは、ウィスキーのホグシードを買うために、キース・ファルコナーとアーギルの近所の人、ドナルド・ホウトンの推薦で近づいてきました。彼らは感激して会社を購入することになりました。
2004年 現代のウイスキー製造の祖の子孫であるALEX BRUCEは、アデルフィに参加し、希少で優れたシングルケースの収集家として、世界中のウイスキー鑑定士の間でアデルフィの名前を確立し始める。
2007年 フルサークルを完成させ、増大するアデルフィのウイスキーの需要に応えるために、蒸留所を建設しようと考えました。実現可能性調査を開始。
2012年 アードナムルッカン蒸留所の計画許可が下りる。
2013年 グレンベッグ蒸留所敷地内で最初の地盤が破られる。モナコのアルバート皇太子殿下のご臨席のもと、地盤工事を成功させる。
2014年 アードナムルッカン蒸留所で生産された最初の蒸留酒。
2014年7月25日に皇太子妃殿下によって正式にオープンしたARDNAMURCHAN DISTILLERY。
2016年 最初のボトリングがリリースされました。2500本のボトルが世界で販売され、一晩で完売しました。
2017年 2本目のボトリングは、2017年のアードナムルッカンをリリースしました。今回も2500本が発売され、世界中で好評を博しました。EDINBURGHを拠点とする会社、NEVIS DESIGNSがBOTTLE DESIGNのPACKAGING OF THE YEAR AWARDを受賞。
2018年 5月、THE DISTILLERYの生産量は40万L.P.A.以上に倍増
2018年 3本目のボトリングがリリースされました。今回のリリースでは5,000本のボトルを生産しました。
2021年 アードナムルッカン・シングルモルトウイスキーの発売を目指しています。

アードナムルッカン蒸留所の販売ボトルとリリースは?

現在の最新リリースは、アードナムルッカン スピリット リリース 2019年 57.4% 700mlです。
過去には2018AD , 2017AD , 2016ADと4回だけ数量限定で発売されています。販売価格は税込7,865円ほどです。
それ以外にはごく少数で、Warehouse Release – Limited Batchというシリーズで150本程度、バッチは10まで限定発売されています。こちらは蒸留所に行ったりしないと入手できない限定品です。オロロソシェリーのオクタブ樽で短期熟成しているスピリットです。

予定では、来年の2021年にシングルモルトウイスキーの発売を目指しているようで、最長で7年熟成のアードナムルッカン・シングルモルトがお目にかかれそうです。

アードナムルッカンでは最新の技術と受け継がれた伝統的な技術が融合しています。例えばボトルの管理にはブロックチェーン技術を利用した在庫と流通管理で、完成したウイスキーのボトルを一本一本追跡し唯一の資産として捉えてQRバーコードなどで確認できるようになっています。これによってボトルの真贋を明確にして、偽物ウイスキーなどが出回らないようになっています。ボトルのユニークな番号を活用した新たなサービスが出てくるかもしれません。
古典的な技術といえば仕込みの麦から、麦芽の発芽を止めるときに炊くウッドチップなど全ての原料をスコットランドの中で手にいれて伝統製法で蒸留するということです。唯一海外から手に入れるのは、高品質なシェリーの樽やバーボン樽だけです。近年はウイスキー蒸留所が乱立する世界的なブームになっていますが、その中でも特に注目すべき蒸留所です。

2020年秋にアードナムルッカン・シングルモルトウイスキーが発売決定!

追記:2020年8月21日
8月19日のメールマガジンによると、新型コロナウイルスの影響で製造停止していた蒸留所が再開したそうです。そして朗報としては2020年の秋にはシングルモルトウイスキーを発売する事が決定しました。業界で有名なチャールズ・マクレーン氏とデイブ・ブルーム氏からアドバイスをもらい最終的な調整段階だそうです。

またシングルモルトウイスキーの名前や年数などは未定ですが、2014年創業を加味すれば「アードナムルッカン 6年」といった若い熟成のウイスキーとなりそうです。ちなみに現時点での蒸留所の樽の数は9200個が樽詰めされているそうです。

追記:2020年9月1日

9月20日にアードナムルッカン・シングルモルトが発売決定のようです!日本に来るのはいつか分かりませんが、価格など分かり次第更新します。

最新の情報は、公式ウェブサイトもしくはツイッターを確認してください。

おすすめの記事