イタリアの挨拶の謎?Buon pomeriggioとは?

はっしー

Bunasera! (ブォナセーラ) 皆様tutto bene?(トゥット・ベーネ?)

イタリア人は会う度にtutto bene?と聞いてきます。
教科書ではCome sta?(コメスタ?)=調子はどうですか?と聞くと書いていますが、ローマの場合は実際にはtutto bene?と聞いてきます。これは日本語で言う「ご機嫌いかがですか?」というよりは「元気?」に近いと言えます。
つまり、レストランなど来た人に「どうよ、元気?」みたいなニュアンスになるからです。
日本でも「ご機嫌いかがですか?」というのは文法的には正しくても中々使われないのではないでしょうか。

つまりイタリア旅行(主にローマでは)tutto bene?と聞かれる事が多いはずです。

挨拶は地方によって異なる

イタリア語の教科書では、このように記述されています。
Buongiorno(ボンジョルノ)=朝からお昼まで使う
Buonasera(ボナセーラ)=午後から使うこんばんは
buona notte(ブオンナノッテ)=おやすみなさい

確かにこれは正しいです。どれもイタリアで通じる挨拶です。
しかし実は地域によって少しずつ差があるのです!

例えば首都であるローマでは、午前中はBuongiorno! 午後になってもBuongiorno!で通す人が多いのです。
Buonasera(ボナセーラ)は概ね夕方の4~5時から使うのが多いようです。(数ヶ月の滞在での実感)
そしてbuona notte(ブオンナノッテ)は仲の良い間柄でしか使わずお店の人などは余り使わないと言えます。

南イタリアのナポリではBuongiorno!は午前中だけで、午後1時か2時にもなると、あっという間にBuonasera(ボナセーラ)に切り替わります。ローマでは夕方からしか言わないのですが、ナポリでは結構早い段階、お昼ごはんの後には既にBuonasera(ボナセーラ)に切り替わるのです。

フィレンツェでは面白いことに、Buonasera(ボナセーラ)は余り言わずに、午後の2~3時になるとPomeriggio(ブオン・ポメリッジョ)と挨拶します。飲食店でもお店でもタクシーでもPomeriggioと言うのが一般的です。
これは体感的には午後2~6時まではPomeriggioと言い、Buonasera(ボナセーラ)とは余り言うことが無いようです。
つまりフィレンツェを訪れた時は午後になればすぐにPomeriggio(ブオン・ポメリッジョ)というのが現地風の言い方で通な表現の仕方となります。Pomeriggio(ブオン・ポメリッジョ)は元々は硬い表現で、ローマやナポリなどでは殆ど言われないそうです。

南の方であれば、午前はBuongiorno(ボンジョルノ)、午後はBuonasera(ボナセーラ)で問題はないと言えます。
では、よい旅行をBuon viaggio! またあしたA domani

 

※写真はウンブリア州のアッシジです。聖フランシスコ教会のある街で、丘の上にある小さな町。

おすすめの記事