Copeland(コープランド)Tiffany&Co.のアンティークカップ&ソーサー

はっしー

懇意にしているR氏が引っ越すという事で荷物を整理したのですが、棚の奥から雑に押し込められた貴重なカップ&ソーサーが出土しました。サイズからしてコーヒーカップ、薄手で光にかざすと透明感のある白磁に、手彩色と金彩絵付け。
高台がやや高く一見ではリモージュのようなシェイプに見えます。高台とハンドルには贅沢に24金が筆で厚塗りされています。高台の底は、釉薬の無い素焼きの状態でソーサーが傷つくのでは…?という疑問はありますが、バックスタンプにあるJewelled Porcelainのシリーズ名のように美術品として飾れるキャビネットカップとして相応しい仕上がりになっています。

カップの表面はエナメルを盛ったジュール装飾と、金絵付けの線の上に金盛りをするというテクニックを融合した非常にゴージャスな仕上がりです。ひとつ仕上げるのに長い時間が掛かったと推測できます。

外側は点盛りの金ですが、内側の金彩は厚塗りではなく薄く描かれています。バー・フライト&バー時代のロイヤルウースターにも似ているタッチです。個人的にはオールドミントンの方が洗練されていて、このような細かい部分に差が出ているように思えます。唐草模様ひとつとっても、少々野暮ったい印象を受けます。
離れて全体のバランスを見ると可愛らしいカップなのがまた面白いです。近づくと細かい部分が気になりますが、対面した相手が使っていれば100%素敵なカップ&ソーサーに見えるはずです。

20世紀初頭に米国ティファニーでガラスショーケースに並んでいたと思うと感慨深いのですが、現在の流通量からするとティファニーのタイアップは、同じ英国ミントンの方が主流であったと思います。このコープランドはハンドルの造形が甘く、型抜き時のバリが残っています。とても滑らかとは言い難くマイセンの水の戯れの方が仕上がりが良好です。また下地も焼きが甘く、指で叩くと空気を含んでいる音がします。とは言え一世紀以上経った現在でも細かな貫入が入っていないことを考えると優れた食器と言えるのかもしれません。
所有するR氏によると、米国ロサンジェルスで活躍するインポーターから独自に入手したものだそうで、似たようなカップを複数持っているとのことです。実際に飲み物を入れたことは無いそうです。

さて、バックスタンプから1900年前後だと思うのですが、この時期のティファニーとのダブルネームには”SPODE COPELAND’S CHINA ENGLAND”となっているものがあり、このカップ&ソーサーにはスポードが抜けているので、1891年より少し前なのかもしれません。英語版スポードのWikipediaには以下のようなバックスタンプ(Marks)が載っています。

Tiffany&Co.のスタンプも調べてみたのですが、正確な時代は分かりませんでした。二重線の飾りに囲まれて星が4つ、中央に細長い三角に丸、細長い三角というウェッジウッドの緑壺時代と似たようなマークがありますので資料があれば特定は可能だと思います。

ちなみに当時の価格を知る術は無いのですが、手元にある資料で1800年代のニューヨークに進出したジョサイア・ウェッジウッドは5ピースのプレートセット(転写)を14.5ドルで販売していたという広告があります。The Inflation Calculatorというウェブサイトで1800年代に14.5ドルと入力すると2019年時点では220ドルと出ます。現在のレートで日本円で24,000円程度。転写の5ピースプレートでこの値段です。ここから想像すると、やはり当時もハンドペイント仕上げのブランド特注品カップ&ソーサーは一脚10~20万円程度したのでは無いでしょうか。このあたりの価格の資料などを持っている方がいましたら、参考のために教えて頂けたら嬉しいです。

そんな訳で久々のカップ&ソーサーのレビューでした。(はっしー)


おすすめの記事