失敗しない!賃貸マンションの物件選びで注意するポイント

はっしー

何故か引っ越しの多い人生で、出身地である静岡・東京都内でも何度も引っ越しを繰り返しています。
そこで賃貸マンション選びで注意するポイントをおさらいしてみます。

1.賃貸と引っ越し費用の予算配分

しばし給料の1/3~1/4が目安などと言われますが、これは漠然としすぎています。
SOHOや在宅ワーク、リモートワークなど出勤が極端に少ない人や、自宅を中心にして生活する人は家賃の比率を上げて生活環境を整える方が良いです。一方で週6日以上の出勤や、激務で家には寝に帰るだけという人は簡素で狭い部屋にしてコストを下げる方が、外食や衣服、交際費などにお金を割くことができて良いです。

一ヶ月のうちどれくらい在宅しているかを計算して、そこから予算配分を決めるのが良いです。
実際に筆者も少し無理して南麻布のマンションを借りたものの、ほとんど帰る事がなく無駄になってしまった事があります。そしてキレイな新築や築浅のマンションの中には解約2ヶ月前連絡など、短期間の居住では余計な費用がかさむことがあります。月の賃料が上がると比例して、敷金礼金、保証料、解約決定後の賃料などが掛かるので慎重になるべきです。
他にも火災保険、安心サポート利用料やインターネット、駐車場、駐輪場など様々なコストが掛かります。電気代と上下水道代を足すと、引っ越し初月と翌月は「こんなに掛かるのか!」というほど請求書の山になります。
特に3~4月などの引っ越しピークだと引っ越し業者の金額も高く、単身の渋谷区から港区に引っ越すにも関わらず15万円近い見積もりが来ます。かなり余裕を持って計算することをお勧めします。

2.マンションの民度を測る方法

静岡市で住んでいた某高層マンションは驚くほどに民度が高く、エレベーターで会う人が丁寧に挨拶をしてゆきます。子供連れの家族や老夫婦なども、「おはよう御座います」と丁寧な挨拶、エレベーターを先に出るときも「お先に失礼します」。ぶっきら棒に見えるオジサンも夜にエレベーターを降りようとすると「はい、おやすみなさい」などと居住者全員が家族のように、それでいて過干渉しない絶妙なバランス感があって暮らしやすかったです。

干渉しすぎる自治体ではゴミの捨て方を強制したり、イベントや避難訓練など事あるごとに強要してきます。一方で新宿の単身マンションでは、住民同士が一切挨拶せずにすれ違う時はお互いに目を合わせずに黒子のようにして過ぎ去るようなマンションもありました。これでは万一なにかあっても助け合うというのは難しいと思います。バランスが大事です。

マンションの民度を測る方法は挨拶だけではなく、「駐輪場」と「ゴミ捨て場」「共用部のゴミと汚れ」でも判断できます。駐輪場はキレイに整列しているか、子供の玩具や粗大ゴミなどが散らかっていないか、壊れた自転車や廃タイヤなどが捨てられているマンションは危険です。また集合ゴミ捨て場もキレイに使われているか見ましょう。
後は廊下やエントランスホールなど、床や壁が汚れていないか、髪の毛がたくさん落ちてたりしないか、個人の所有物が落ちていないかなど見ます。

良く管理されているマンションは驚く程に清潔で、静岡の某マンションも、渋谷区の大きな庭のあるマンションも髪の毛一つ落ちていないほどに清掃されていました。こういった清潔なマンションは他の様々なトラブルにも直ぐに対応できると推測できますし、安全です。

3.カードロックは意外に面倒

セキュリティが高いマンションだと、カードキーとドアの鍵が分かれていたりしますが、これが意外に面倒です。両手にスーパーの袋を持っていると、床に置いてカードキーと鍵を探す羽目になります。片方でも忘れると管理棟に行って事情を説明しなければならず大変です。
高級マンションの中にはメインエントランスから自分の部屋まで、4箇所もカードキーが必要で(しかも反応が悪く何十秒も手こずる)、その後に自室のドアを解錠するような建物もあります。とにかくコンビニに行って帰ってくるだけでヘトヘトになります。

最近の新しいマンションの中には、車のスマートキーのような形でポケットに入れて置くだけでエントランス解錠、エレベーターも解錠、自室だけは物理キーという所も存在します。これは本当に画期的で便利です!両手に荷物があっても自動で開くというのは日常のストレスが減ります。

4.隣人の騒音問題

しばし壁の薄さは気をつけろ!と言われますが、まさにその通りです。マンションでも壁の薄さは様々で、音の反響の仕方は異なります。二重サッシの建物であれば外からの音は少なくなりますが、幹線道路沿いのマンションは音に気をつけましょう。特に首都高速やバイパスなどがあると夜間トラックの音が部屋に響いて安眠できません。マンションを選ぶ時は夜間に一度現地に行ってみることをお勧めします。裏ワザとしては部屋を総絨毯にして防音のカーテンをつけると劇的に環境音が改善することもあります。

5.空調と換気

立地と建物、周辺環境によって空気の滞留が異なります。ある高層マンションに住んでいた時はビル風が強く、玄関では吹き飛ばされそうなほどで歩くのが大変。しかし部屋に入ると風は気にならなく、玄関と対面にある窓を両方空けると風が抜けて一瞬で換気ができます。好みもあると思いますが私はこの換気が一瞬でできる空気の通りが良い建物は好きです。
現在住んでいるマンションは二十四時間いつも風が無く、部屋の全ての窓4~5箇所を開けても全然換気できません。ジメジメとしてニオイがこもりやすいのです。さらにはベランダのタバコのニオイが空調の逆流で部屋に入ってくることもあります。高級マンションでも換気や空調設備が悪い所も存在します。

6.日当たり

日当たりも大切です。北向き、南向き、西向きと東向きで賃料やマンションの販売価格が全然異なるのはご存知かと思いますが、日中自宅に居る人は日当たりが大切です。田舎生まれの筆者は朝しっかり日差しが入らないと目覚めが悪いです。
北向きで建物がすぐ横にある物件などは、朝でも昼でもどんより暗く、起きよう!という気力が無くなります。
よほど都会育ちでない限り、しっかり日差しが入る部屋が良いでしょう。

7.スーパーの近さ

料理が好きな人は特にスーパーまでの距離は大切です。静岡の某マンションに住んでいた時は、デパ地下までエントランスから徒歩1分で無敵の気分でした。「俺の地下冷蔵庫」と豪語しながら、足りない食材や調味料、酒があればサンダルで買いに行ってたのです。しかし今ではマルエツ(しょぼいスーパー)までも徒歩で15分、トボトボと往復しなければいけません。
ちょっと良いスーパーに行くには車で15分、買い物して帰ってくると1時間は掛かります。東京に住んでいるので仕方ないのですが、気に入ったスーパーが近いというのは料理好きには大切な事だと思います。

8.コンロとディスポーザー

IHクッキングヒーターしか無い物件に住んでいた時はIHの上にカセットコンロを置いて調理していました。イワタニのガスを24本以上ストックして疑似ガスコンロ生活をしていたのです。電子タバコ派と紙巻たばこ派、または文庫本派と電子書籍派のようにお互い「絶対こっちの方が良いって!慣れだから!」と不毛な議論を無限に続けていますが、IHとガスコンロは分かり合う事ができません…。つまり好きな方が付いている物件に住みましょう。

料理好きの引っ越しは、絶対に○○をチェック!でも書いたのですが、「マックス」というメーカーのディスポーザーは神です!容量も大きく破砕も早くゴミも残りません。「安永クリーンテック」というメーカーは2物件住みましたが、どちらも頻繁に詰まり、業者を呼んだり、自己メンテナンスしたりストレスフルです。構造が全く異なるので仕方ないことですが、ディスポーザーのメーカーにも着目してみましょう。

9.タクシーメインの場合は…

事情によりタクシーと自家用車の生活をしているのですが、分かりやすい建物でないと説明が大変です。例えば「元麻布ヒルズ」と言えばタクシーの運転手に一回で伝わります。知らなかったとしても、「元麻布の変な形のマンションです!」といえば伝わります。
しかし筆者が現在すんでいるマンションは、「○○○交差点分かります?」「しばらく真っ直ぐ行ってください」「そろそろ次の信号の先の入れる場所を右に」「あぁ〜そこの狭い道です、はい」「突き当たったら左で右で道なりに」「はい、三本目を右に」「あ、その白い車が停まっているところです」「その先は、その電柱です!ここです!ここです!」と兎に角説明できない無名の場所にあります。
東京のタクシーは今でこそ迎車アプリで事前確定などできますが、流しを拾ったときは口頭で説明しますし、住所を入れてくれる運転手さんは少ないです。そうなると、ひたすらに道案内しなければいけないので大変です。

10.駅メインの場合は乗り換えも考慮して

とある山手線駅の近くに住んでいた事があるのですが、坂があって歩くのが大変で地図だと近いのに実際に歩くとヘトヘトなんて事が存在します。特に雨季は濡れながら駅まで歩くのは大変です。
バス停も近くにあるのですが、東京駅まで行くのにトボトボ停車するので1時間近く掛かる事も、駅もバス停も近いけど不便だなぁと思いました。それと駅の場合は複数の路線がある場合は、使いたい方向か確認しましょう。
迂回するのが大変な場合もあるのです。例えば東京駅では八重洲から丸の内口まで直線距離は近いですが、自由通路を通って移動すると思いの外時間が掛かります。新宿駅も地図だと近くても歩いて地下を行き来すると時間が掛かります。
そして職場までの直通がなくて、途中の駅で乗り換えるとまた一苦労。慣れている人も居ると思いますが、田舎から来た人には辛い乗り換えです。

失敗しない!賃貸マンションの物件選びで注意するポイント

そんな訳で失敗したくない!賃貸マンション選びのポイントをまとめてみました。
覚えて置いた方が良いのが月の賃料が50~100万円するような高級マンションだからといって必ず快適とは限りません。セキュリティが厳しすぎたり出入りが面倒だったり、スーパーが無かったり生活スタイルに合っていないこともあるのです。
上記を参考に、自分が気になるポイントを書き起こして、ぴったりの物件を見つけて下さいね!

おすすめの記事