特別定額給付金〜ゲームをクリアして10万円を貰おう〜

はっしー

今もっとも人気があるのが、家から出ずに遊べる「クリアして10万円を貰おう」ゲーム。
ゲームをクリアすると漏れなく10万円が振り込まれるという最高にアツいゲームです。
筆者もこのゲームに挑戦してみたので、結果と攻略法について説明してみます。

まずは「給付金」と検索してみます。

一番上にある、「総務省|特別定額給付金」をクリック。
序盤ですので難易度は低く、どんどん進みましょう。「特別定額給付金ポータルサイト(サイトへリンク)」でページ遷移しましょう。赤い文字で分かりやすいですね。

特別定額給付金」に飛べたでしょうか。ここから少しずつ難易度が上がっていきます。

特別定額給付金の申請はオンライでできます!」をクリック。
日本にお住まいの、すべての方へ。お一人につき。とあります。
このゲームの凄いところが、全問正解すると家族全員分もらえるというところです。チャレンジする価値があります。

意識の高い読者であればマイナンバーカードをお持ちでしょうから、この先のステージへと進むことができます。
そもそも受け取っていない人や、マイナンバー通知カードしか持っていない人はここで失格です!
残念ながら郵送か窓口を利用しましょう。ただし役所の窓口や郵便局は混雑している可能性もあり、何らかの疫病に罹患するリスクがありますので慎重に判断しましょう。マイナンバーカードがある人は次のステージへ進みます。

下の写真のような「通知カード」はマイナンバーカードに変更できるアイテムですが、これを用いてオンライン申請はできません。

関連記事:港区役所でマイナンバーを取得してきました/大人になれる本

ここで第一の選択に迫られます。「パソコン」、「スマホ」、「スマホ+アプリ」という選択肢です。
良く読んでみておわかりの通り、パソコンの場合はPC+ICカードリーダーとあります。これが第一のトラップです。
日常的にICカードリーダーを利用していたり、ノートパソコンの右下に標準装備されているのであればPCでも良いですが、所有していない場合はカードリーダーを購入して設定することになります。

「ICカードリーダー持っていない!どうしよう!お金を受け取れない」と早とちりした人が相当数いるようで、アマゾンではICカードリーダーがプレミアム価格に高騰してしまっています。

ですが、要項を良く読むと「マイナンバーカード読取対応のスマホ」とあります。
実は「iOS 13.1以上がインストールされたiPhone 7以降のiPhone」であれば対応していたり、GalaxyやXperiaなど主要のスマホであればICカードリーダーとして利用できるのです!

iPhoneの場合は、リンゴマーク上部にマイナンバーをかざすことで利用できます。
(写真はITリテラシーの高い筆者が、ICカードを利用できると知ってウキウキで申請している図)

ここからiPhoneの操作に切り替えてゲームを進めます。
市区町村の対応状況をクリックして全国の団体のPDFが表示されパニックになるかもしれませんが、これはフェイクです。ここで確認しなくても、次のページで郵便番号を入れれば対応が分かります。
マイナポータルはこちら(URL:https://app.oss.myna.go.jp/Application/search)
結局ここのサイトに飛べば良いのですが、このページに辿りつくまでに何度もページ遷移しなければいけません。
難易度が上がり怖気づいてきた人もいるのではないでしょうか。まだまだ進みます。

ぴったりサービスを利用して、郵便番号または市町村名を入力します。
ここで大切なのがマイナンバーカードに記載されている住所を入力することです。転勤や引っ越しを繰り返していると、住所が昔のままであったり、実家を登録していることもあるはずです。マイナンバーカードを見て、その住所を申請します。
実は静岡県静岡市も開始未定でしたが、つい2日前に「11日からスタート」と公表されて、ゲームにチャレンジしたのです。

ぴったり検索で、「特別定額給付金」をクリックします。今回は一つだけチェックで良いでしょう。

さあ、ここからがゲームの中盤の難易度が高い部分です。
申請しようとすると、画面が黒くなり「電子署名が必要な手続が選択されています。マイナンバーカード、ICカードリーダライタ(PCの場合)、マイナポータルAPのインストールが必要です。電子署名を付与しなかった場合は、以下の手続きぴったりサービスから申請できません。・特別定額給付金 申請に進んでもよろしいですか。」と表示されて驚くことでしょう。

難しく書いてありますが、簡単に説明すると「マイナンバーカードなかったりスマホ対応してないと無理やで」という意味です。また途中でアプリをダウンロードしろとも書いてあります。
迷わずOKを押して進みましょう。どの道、どれか欠けていれば進めることはできないのです。

じゃんじゃんやっつけましょう。チェックを入れて進めます。
途中で「マイナポータルAPがインストールされているか確認の上、チェックしてください。」と出たら、App Storeをクリックして事前にマイナポータルをインストールしておきます。このアプリは必須です。

良く考えるとアプリで全て申請できるので、スマホ利用者は初めからアプリ内で手続きするのが最速では?という結論になりました。ゲームを時短攻略したい人は参考にしてみて下さい。

ところどころ「電子署名付与」と出ていますが、まあパスモを改札にかざすようなものだと思っておけば大丈夫です。

ここまででギブアップ、離脱率は50%ほどでしょうか。矢継ぎ早に難しい用語や手続き方法がでてきます。
例を見ると氏名には、鈴木花子SUZUKI HANAKOのように入れるのかな?と思いますが、多くの日本人には関係が無く、単に漢字またはひらがなで入力すれば良いです。
後半は一気に難易度が上がり、コンテンツブロッカーの説明や、マイナンバーカードを読み込む最大の試練が待ち受けます。

マイナンバーカードの券面事項入力補助用パスワードを入力してください。と出ます。
「お、おれもここまでか…バタ…」となる人もいると思いますが、数字4桁ですのでまだチャンス有りです。
ちなみに3回間違うと無事ゲームオーバーで窓口行きです。私は銀行口座のパスワードで突破できました。(きっと忘れるから分かりやすいパスワードにするだろうと推測しました)

ここで、iPhoneの上部にマイナンバーカードを当てるという最大のアクションがあります。
良い必殺技名が浮かばなければ「密!(みつっ!)」とでも言いながらかざしましょう。

ふふふ、第一のボスは倒した。Safariを確認してください。券面情報の読込に成功しました、と表示されます。
ここで地味なトラップがあり、Safariに戻らなければいけません。自動ページ遷移はありません。

申請情報の入力に進み、次々と個人情報を入力していきます。
凄いことにICカードで読み取った個人情報がページに反映していて確認するだけで良いのです。

「フッ、雑魚が……簡単すぎるぜ…」とゲームを進めます。

「なん…だと…?通帳の写真が必要なんで聞いていないぞ…。」
こりゃ最速攻略だな、と高を括っていた情報リテラシー強者も足を躓くことでしょう。
”持続化給付金界隈”でも話題になったのですが、資料を添付できる場所が一箇所しかなく、添付するファイルも実例が掲載されておらずに、本人の裁量に任せられるのです。
まるで今まで簡単な選択問題だったのが、急に自由記述欄が出てきて、これを落とすと落第という試験のようです。

Excelファイル、Wordファイル、パワーポイント、XMLファイル、などと難しい拡張子が並びますが、これは全てフェイクです。私には分かる、ここには「キャッシュカードの表面を撮影すればいいの」だと。難し考えすぎてはいけません。
口座番号と氏名が対になった写真があれば良いのです。さあ最終ステージを目指しましょう。

ちなみに三井住友銀行のスマホアプリは気を付けた方が良いです。口座番号と支店名は出ますが、個人情報保護のためか名前が出ないので弾かれる可能性があります。

さあ、ラスボスに挑みます!

電子署名の付与。フフフ、覚えている、私は覚えているぞ、パスワードを!

Step7がラスボス!
あとはリザルト画面であるStep8印刷・送信でゲームクリア。
これで10万円が獲得できるのだ!

 

 

「密!!!」

 

 

 

 

 

!?!?

 

 

なん・・・だと・・・・

 

 

「署名用電子証明書が失効しています。市区町村の窓口で電子証明書の発行手続きを行ってください。」

 

 

 

-GAME OVER-

 

 


特別定額給付金〜ゲームをクリアして10万円を貰おう〜に挑戦した感想

10万円給付のオンライン申請に落とし穴–「署名用電子証明書の失効」に要注意

様々な人がこの高難易度ゲームに挑戦しているようですが、上記の記事のように最後まで辿り着けなかった人は多いようです。筆者は昨年に律儀にマイナンバーカードの住所変更手続きを済ましていたのですが、どうやらそれだけでは「署名用電子証明書」の更新には至らないようで、「電子証明書と住民票の記載内容が異なるという理由から、失効してしまう。そのため、役所で改めて署名用電子証明を発行する必要がある。」そうなのです。

これは盲点で、役所でも更新の説明などはなく、言われるがまま住所だけ更新していたのです。
3ヶ月内であれば再度チャレンジできるそうですので自動車税支払いの充当のために、もう一度コンティニューしてみようと思います…。皆様もまた無事クリアできることを祈ります。


おすすめの記事