TUTIMA GLASHÜTTE チュチマ グラスヒュッテ《高級時計ブランド辞典》

チュチマの誕生は1927年でした。技術革新、映画や写真のような新しい芸術、そしてジャズのような前例のない音楽がこの20年間を黄金時代にしました。19世紀以来時計の街として世界的に有名なグラスヒュッテでさえ、技術的な革新や黄金時代が訪れることは明白でした。 そんな中に2つの会社が設立されました。Uhren-Rohwerke-FabrikGlashütteAG(UROFA)とUhrenfabrikGlashütteAG、UFAGとして知られています。 両社の会長兼マネージングディレクターであるErnst Kurtz博士、まだ広く愛用されている懐中時計ではなく、腕時計が今後普及するだろうと想定していたのが彼でした。 彼が作った時計はスイスのブランドとの競争をする必要はありませんでした。頑丈で堅実な作りであったため彼らはラテン語で「安全で安全」という言葉に由来する「Tutima」という名前を得てブランドが生まれました。

https://tutima.com/

こちらもどうぞ