Vacheron Constantin ヴァシュロン・コンスタンタン《高級時計ブランド辞典》

ヴァシュロン・コンスタンタンは1755年以来変わらずに作り続けられてる世界最古の時計製造会社です。オート・ホロジェリーの精神の創始者であり、260年以上にわたって時計の歴史を刻んできました。ジュネーブの弁護士であるMaîtreChoisyの事務所で1755年9月17日にヤングマスターウォッチメーカーのJean-Marc Vacheronが最初の見習いを雇う、というのが最も古く知られている文書です。その後1819年に3代目のジャック・バルテルミーが友人のフランソワ・コンスタンタンと国外の販売開拓を行い名前を現在のヴァシュロン・コンスタンタンに変更しました。

第二次世界大戦後のジュネーブ平和会議では参加したアメリカ、ソ連、英国、フランスの首脳陣に記念品として贈呈されるほどの歴史的な時計として注目を集めました。2010年には手巻きで最も薄いヒストリーク・エクストラフラット1955を発表しました。2004年にはジュネーブに大規模な自社工房を完成させてラインナップの拡大を推し進めています。

メゾンの260周年記念日に当たる2015年9月17日には「REFERENCE 57260」という、これまでで最も複雑なウォッチを発表。
これまで想像できなかった複雑さと技術革新のこの二重ダイヤルの時計の傑作は、ヴァシュロン・コンスタンタンを再定義しました。
「REFERENCE 57260」は8年間にわたり3人のマスターウォッチメーカーのチームによって考案された、独創的であり技術力の高さを表す最も複雑な時計です。

https://www.vacheron-constantin.com/jp/home.html

 

こちらもどうぞ