ヴァンクリーフ&アーペルは、アルフレッドヴァンクリーフと彼の義理の父サロモンアーペルによって1896年に会社を設立しました。1933年にはダイヤモンドを支えう爪が見えないミステリーセットという技術を開発して特許を取得しました。
1920年代から豪華なジュエリーウォッチを制作していましたが、美と機能性が融合したカデナ ウォッチが登場したのは1935年。ウィンザー公爵(または公爵夫人)がそのコンセプトを提案したという逸話が伝えられています。1979年にはピエール アーペル スケルトン ウォッチが誕生。2004年には古典的な建築などをモチーフにしたメンズ時計としてムッシュアーペルを発売しました。

綺羅びやかなジュエリーに囲まれた同社の製品に隠れて気づきにくいのですが、中のムーブメントにジャガー・ルクルトの機械式ムーブメントを組み込んだりと手堅い技術を採用しています。

現在はメンズ・ブライダルのコレクションに「ピエール アーペル ユール ディシ エ ユール ダイヨール ウォッチ」などと男性向けは限られて居る状況ですが、気品高き同社の時計はヴィンテージやユーズドでも人気があることに違いありません。

https://www.vancleefarpels.com/jp/ja.html

Share.

1989年 静岡市出身。主な執筆分野:ライフスタイル、旅行、料理、お酒。