Urban Jurgensen ウルバンヤーゲンセン《高級時計ブランド辞典》

はっしー

18世紀〜19世紀にアーバンとジュールのユルゲンセン家の一員は、時計歴史の発展に貢献していたジャック・フレデリック・フーリエ、アブラハム・ルイ・ブレゲ、ジョン・アーノルドなどの天才達と共に働いていました。

ヨルゲンセンはドイツとスイスを旅した後、ヨルゲンはスイスの大手クロノメーターメーカーとなり、スイスのクロノメトリーの多くの創設者になるために後にジャック・フレデリック・フーリエに雇われます。14年間で時計製造技術を大きく発展させてきたヨルゲンセンは1773年に彼の母国コペンハーゲンに戻り、ユルゲン・ユルゲンセンに名前を変えた後に事業を始めました。ビジネスは急速に成長し、12年後に彼はデンマークの裁判所の時計職人に任命されました。

ユルゲンの長男であるアーバンユルゲンセン(1776年-1830年)が父の跡をたどり、13歳のときには既に大学の講義を受けて、21歳の時には父親の従業員としてスイスのル・ロックルのもとに修行に送られました。しかし、ル・ロックルに留まらずにパリを旅してかのブレゲやフィルディナンド・バートーの弟子になり、ロンドンに移住してついに海洋クロノメーターの設計に手をつけることになりました。

ロンドンから再びル・ロックルに戻り、長年の家族の友人であるジャック=フレデリック・フーリエの娘ソフィー=アンリエットと結婚しました。彼はそれから1801年にデンマークに戻って彼の父親とのパートナーシップに入る前にジュネーブとヌーシャテルでしばらく過ごしました。才能がある彼はその間に、機械式時計の摩耗などの解決策など様々な革新的なアイデアを生み出したのです。
ついには1815年に王立デンマーク科学アカデミーから名誉職人として最初の称号を譲り受けました。

現在のウルバン ヤーゲンセン(URBAN JÜRGENSEN)の時計は昔ながらのデザインをモチーフにして、クラシカルかつエレガントを纏う雰囲気を併せ持ちます。ケースからムーブメント、エナメル、ムーンディスクなどをピュアハンドメイドで行い、開業当初からの技術を踏襲した王道的な存在と言えます。

おすすめの記事