御殿場プレミアム・アウトレットの新エリアHILL SIDE(ヒルサイド)の店舗と品揃え、セール情報など

はっしー

御殿場アウトレット

長らく外出自粛をしていたのですが、雨天で人が少ないだろうと久々に御殿場プレミアム・アウトレットに行ってきました。昨日は平日かつ午後から暴風雨で、予想通り来客数は非常に少ないように見えました。

久々に御殿場プレミアム・アウトレットに訪れた理由はやはり新エリア「HILL SIDE(ヒルサイド)」が増設され、88店舗が増えたためです。今年の6月1日にオープンしましたが、これで既存の約200店から更に増えて名実ともに国内最大級となりました。

公式サイトより引用 https://www.premiumoutlets.co.jp/gotemba/brands/floormap.html

今まではカジュアルなブランドを中心としたWEST ZONE、ハイブランドやスポーツブランドを集めたEAST ZONEと二箇所に分かれていました。そこから三角形につながるようにしてHILL SIDEが増設されました。
以前はWEST ZONEとEAST ZONEが夢の大橋という橋で繋がっていましたが、今回はWEST ZONEと行き来できるように希望の大橋が新設されました。

全天候型のエリアに

雨の中、買い物に行って気づいたのですが全天候型として設計されて、希望の大橋には片側だけ雨よけが設置されています。それだけでなく勾配が激しく、上り下りを繰り返すのが大変なのでエスカレーターが5箇所に渡って設置されています。アーケードの繋がり部分にも雨よけが設置されたので、大雨でも濡れずに移動が可能になりました。

ただし、雨よけの箇所が限られているのでベビーカーや子供連れなどで渋滞するように感じました。大きめの傘を用意した方が快適に移動できます。

全体の雰囲気としては「神戸三田プレミアム・アウトレット」に似た色合いとデザインの建物になって、今までの御殿場プレミアム・アウトレットとは違った新しい印象になりました。もともと東京オリンピックに合わせて訪日客を対象として拡張したためか、通路も非常に広くさらなる集客ができるようにキャパシティを持たせてあります。

ホテルや温泉なども新設オープン

御殿場プレミアム・アウトレット敷地内の 富士山を望む宿泊施設「HOTEL CLAD(ホテル クラッド)」や温泉施設「木の花湯」とも連結されて、買い物と宿泊、温泉が同時に楽しめる総合エンターテインメント施設としてデザインされています。
ホテルや遊園スペース、温泉などの増設をみると競合他社である、三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島のような雰囲気を感じます。外国人観光客はもちろん、二世帯家族で買い物や宿泊、食事などを楽しめるようになっています。

隣接したHOTEL CLAD(ホテル クラッド)では、買い物で疲れた人が休憩できるような日帰りプランも用意されています。平日忙しく働き、週末に家族サービスをしなければならないパパが温泉で待ってるよ、なんてことも出来そうです。

気になる新規オープンのショップは?

ビームス、ラコステ、アーバンリサーチ、シップス、バナナリパブリックなど店舗は以前のEAST ZONEから移動してきたようです。2013年から長らく出店していた三越伊勢丹グループの「ISETAN OUTLET STORE」が撤退、代わりを埋めるようにして高島屋のアウトレットストアが新規出店しました。

また、三井アウトレットパーク木更津に出店していたセルジオロッシ、ハイブランドではストラスブルゴ、キートン、ジェイエムウエストン、サントーニ、イザイア、トムブラウンなど。リンツショコラカフェ、ラデュレなどの出店もありハイブランド志向の女性にも受けが良さそうです。私の個人的な感想では、三井アウトレットパーク系に出店していた店舗が三菱サイモンのプレミアム・アウトレットにも進出したようなイメージを受けました。

高島屋アウトレットの品揃え

AG , ami , BARBA , CURRENT/ELLIOTT , Faliero Sarti , INCOTEX , MAISON KITSUNE , MARUNI , MUVEIL , N21 , PIPPICHIC , RED CARD , tibi , YANUKなど。
以前の伊勢丹アウトレットストアと似たよな構成で、デパートのフロアが凝縮したような、陳列はセレクトショップを意識したようなレイアウトになっています。価格は時期が悪いからか、そこまで安いとはいえず、プロパー価格から30~50%オフ程度が多いように感じました。正規店でもセール期間中なら同等の値引きになるのでは?といった印象です。

メンズファッションの在庫数はそこまで多くなく、店頭に陳列していない分がどれほどあるかは不明ですが、以前のトゥモローランド程度の在庫に見えます。

ストラスブルゴ、キートンなどは

メンズファッションで気になるハイブランドですが、こちらも軽く見たのですが高島屋と同じように50%オフが多いようでした。全体的に安いのですが、元々のプライスがイタリア価格と乖離があり半額でも欲しいものは少なかったです。
キートン、ブリオーニなども吊るしのスーツが定価70万円など、よほどプロパーで買っている人であれば楽しめるのかもしれません。ちなみに写真左のセルジオロッシ、レディース靴ですが在庫は極めて少なく本当に大丈夫なのか心配になるほどの商品数でした。

ロイヤルコペンハーゲンやルクルーゼなども

キッチン用品やそれらのブランドは、実売価格とオークション・メルカリなどの市場に出回っている価格が離れすぎて厳しい感じです。ウェッジウッドやロイヤルコペンハーゲンは半額以下でも売れ行きはあまり良いとは言えない状況でした。
8~9割引の目玉商品を一部の人が眺めているといった感じです。

サントーニや靴ブランドも

新エリアに高級靴ブランドもいくつか入りましたが、ご覧の通り店舗はゆとりをもった空間になっています。
三井アウトレットパークのINTERNATIONAL SHOES GALLERYの方が在庫豊富に思えます。

ラデュレ(LADUREÉ)ブティック

日本初のアウトレット出店のラデュレ。マカロンや焼き菓子など買えてイートインスペースでも楽しめるようです。
都内に住んでいると全く目新しさがないのですが、静岡県民にしては近場でカジュアルに買うことができて良いかもしれません。

希望の大橋

何をもってこの名前になったのかは不明ですが、WEST ZONEとHILL ZONEをつなぐ橋です。
写真が小さく分かりにくいのですが橋の右半分だけが雨よけシェードが付いています。二人組が交互にすれ違うのがギリギリで、かなり惜しい設計になっています。以前、訪日観光客が来ているときは夢の大橋の途中で富士山を撮影している人が多かったため、富士山側がシェードがない状態になっています。

新エリアHILL SIDE(ヒルサイド)の店舗はイマイチ?

今回は時期が悪いためか在庫が少なく、目立ったセールが無かったのでした。年に2回ある御殿場プレミアム・アウトレットのセールと新年の福袋&セールであれば大幅値引きもあり盛り上がるのではないでしょうか。
都心に住んでいる人であれば見慣れたブランドばかりですが、静岡に住んでいる人からすれば車で気軽に行けて、都内と同等のブランドが手軽な価格で手に入るので面白いと思います。

気がかりになるのが近隣の交通状況です。今回は平日の雨天で時期も悪かったので来客数が少なかったのですが、ハイシーズンの休日は渋滞が想定されそうです。新エリア増設前でも一般道に数百台の車が何時間にも渡って並んでいたので、拡張されてホテルや温泉も併設されたことでさらなる混雑が懸念されます。

今回の改築に伴い駐車場も一新されたのですが、どこに駐車すれば良いのか分からない人が多いようです。私が訪れたときは、わずか5台程度でしたが、先頭の車が一時停止して駐車場の案内スタッフに「どこに停めればいいの?」といった質問をしていたため、1~2分待たされることになりました。これが数百台規模になると駐車場に入るだけで2~3時間というのが常態化する可能性もあります。東京ディズニーリゾートなどは駐車場への誘導や入口がわかりやすいのですが、御殿場プレミアム・アウトレットは様々な一般道から駐車場にアプローチが可能になっていて、EAST ZONE、WEST ZONE、HILL SIDEに分かれているために混乱に繋がっているようです。また混雑する祝日は臨時駐車場と連絡バスが出たりと、慣れている客でさえ複雑に感じます。東名高速道路の足柄スマートIC(インターチェンジ)が開通して更に便利になりましたが、近隣の渋滞対策が必須といえそうです。