JOHN LOBB LONDON ジョンロブ ロンドン 世界で最も格式高いビスポーク靴《高級靴ブランド辞典》

はっしー

JOHN LOBB LONDON ジョンロブの本家筋

名実ともに世界最高の格式を持つ靴工房は、JOHN LOBB LONDON ジョンロブ ロンドンを置いて他にないでしょう。

一般的にはJOHN LOBB ジョンロブというとパリのイメージで、世界のラグジュアリーシューズブランドという位置付けですが、その源流はロンドン セント ジェームズ通りのJOHN LOBB LONDON ジョンロブ ロンドンにあります。

少し複雑ですが、このJOHN LOBB LONDON ジョンロブ ロンドンは、JOHN LOBB ジョンロブの本店であり、エルメスに買収されずに残った唯一の工房のことを区別してこのように呼んでいるのです。

1849年に創設されたJOHN LOBB ジョンロブですが、2代目が1902年にパリの支店を創設しました。

その後1976年にはJOHN LOBB ジョンロブの本店を除く全てがエルメスの傘下に入り、それらはJOHN LOBB PARIS ジョンロブ パリとなったのです。

英国王室御用達の伝統と格式

世界中に洗練された高級ブティックを構えるJOHN LOBB PARIS ジョンロブ パリに比べ、JOHN LOBB LONDON ジョンロブ ロンドンはある意味質素とも言える佇まいのセントジェームス通りの店のみ。しかしそこには高々とエジンパラ公、エリザベス女王2世、チャールズ皇太子のロイャルワラントが掲げられ、なんとも言えない荘厳な空気が漂っています。

ラグジュアリー、洗練、デザインのJOHN LOBB PARIS ジョンロブ パリに対して、このJOHN LOBB LONDON ジョンロブ ロンドンには伝統と格式だけが残っているのです。

創業当初の面影を感じるトラディショナルな店内には、一つの既成靴も置かれていません。その代わりに陳列されているのは美しいビスポークのサンプル靴です。ラグジュアリーとはまた違う職人仕事の空気が漂うアトリエでは、職人たちが今まさに靴を製作しています。

その場所で靴が生まれているということを感じながら、オーダーをすることができる。ブランドというよりはあくまで工房であり続け、そしてその最高峰であり続けるJOHN LOBB LONDON ジョンロブ ロンドンは、世界中の靴好きたちの憧れといえる存在です。

ビスポークだけが100%を実現できる

この老舗がJOHN LOBB LONDON ジョンロブ ロンドンとしてピスポークだけを展開しているのは、彼らが顧客の満足を最優先にしているからと言います。

結局ある程度のポイントで妥協して靴に顧客が合わせなければならない既成靴では、彼らの目指すサービスが提供できない。そこで、完璧に顧客を満足させることにこだわると必然的にビスポークだけが選択肢になるのですね。

今後も変わらずにビスポークだけを展開していくというJOHN LOBB LONDON ジョンロブ ロンドンには、既成靴を作らなくても顧客が足を運ぶだけの価値があるのでしょう。

そうはいっても、JOHN LOBB LONDON ジョンロブ ロンドンでは仮縫いを行わないと言われています。2足目、3足目になって始めて理想の靴を実現できるのかもしれませんね。

JOHN LOBB LONDON ジョンロブ ロンドンの作る靴からは、一般的な質実剛健な英国靴のイメージとは少し違った印象を受けます。

むしろJOHN LOBB LONDON ジョンロブ ロンドンの靴には、ロンドンの王室のお膝元で作られる靴ならではのフォーマルさが感じられます。田舎っぽさとは無縁な、どちらかというと様式美に満ち溢れた生粋のドレスシューズが彼らの靴づくりのベースになっているのではないでしょうか。イタリア靴のように繊細なコバと丸みを帯びたボディラインは、むしろ華奢な雰囲気です。

おすすめの記事