BERLUTI ベルルッティ 新しい色彩とカリグラフィの芸術《高級靴ブランド辞典》

はっしー

今までになかった芸術的な靴 ベルルッティ

ラグジュアリーな靴ブランドといって真っ先に浮かぶブランドは、おそらくJOHN LOBB PARIS ジョンロブ パリとこのBERLUTI ベルルッティでしょう。

今では総合ブランドとしてアパレルやバッグなどを展開するBERLUTI ベルルッティですが、やはりその真髄は色気ある革靴にこそあると言えます。

BERLUTI ベルルッティの歴史が始まったのは1895年のパリ。イタリア人のアレッサンドロ ベルルッティが靴作りを学んでヨーロッパを周遊、たどり着いたパリにアトリエを開いたのが起源です。

シンプルでクラシックな革靴の世界にアーティスト的な感性を取り入れ、アンディー ウォーホルやイブ サンローランを始め、様々なアーティストやデザイナーに愛されてきました。

BERLUTI ベルルッティが特に人気を博し始めたのが、ベルルッティ4代目のオルガ ベルルッティ。これまで伝統的なメンズ靴には存在しなかった色使いや大胆なデザインを積極的に取り入れ、今のブランドのアイコンであるパティーヌを生み出しました。

パティーヌ、そしてカリグラフィの魅力

BERLUTI ベルルッティの靴の魅力は何と言ってもその芸術的な雰囲気です。オルガ ベルルッティが自由に生み出す色彩と造形は、クラシックさを残しながらも常に革新的。フランス的なエスプリとイタリアの色気を感じられる、実に魅力的なコレクションです。

ブランドの象徴的な存在とされているのがアンディと名のついたローファー、そしてホールカットのアレッサンドロです。ベルルッティに使用されるレザーはベネチアンレザーといい、独特の光沢感が大変美しい風合いです。靴の作りは標準的なマッケイがほとんどですが、丁寧で高い技術に裏打ちされた作りは、とても軽く柔らかいはき心地になっています。

BERLUTI ベルルッティはさらに、フランスの古文書に着想を得たカリグラフィというコレクションを展開。これはレザーの一部もしくは全体に筆記体とスタンプのデザインを大胆に施したもの。今ではブランドアイコンとなり、BERLUTI ベルルッティならではのデザインとして憧れの対象になっています。

最近では靴だけでなく、バッグも定番のアイテムとして人気を博していますね。特にアンジュール、トゥジュールといった定番モデルは街中でも見かけることがあります。

現在はLVMHのグループに属しており、値段もかなり高くなっていますが、それでもなお憧れる人の多いブランドです。小物一つでも是非着こなしに取り入れたいですね。

おすすめの記事