ツァイスで見たイギリス

はっしー

わずか数日のロンドン〜コッツウォルズ旅行を「イギリス」とまとめてしまうのは些か横暴ではありますが、10年ぶりにヒースロー空港に降り立った景色は、19歳の時に見た景色とは異なりました。

Inspiration

インスピレーションというのは往々にして失われやすく、日常とともに自分の世界に閉じ込められます。
普通に生活していると、まるで東京が世界の全てのように感じてしまいますが、飛行機に乗り込むちっぽけなことで、誰も住んでいない広大な雪山が同じ世界にあるのだと実感させられます。

Chelsea

英国女王が住むバッキンガム宮殿から数百メートル、チェルシーを散歩する私達。
どんよりとした雲が広がる想像通りのロンドンの天気です。

厳格主義と清貧を貫いた聖人ドミニコと奇しくも同じ名前を持つ「サン・ドメニコ・ハウス」に滞在した私達。
質素とは対極の部屋ですが、ぼんやり壁を眺めていると旧約聖書の創世記に出てくるノアの方舟で逃げる人々が描かれていることに気づきます。

初日は”硬水の水を浴びる”という洗礼を受けます。
どうあがいても髪はゴワゴワになり、肌はガサガサになります。空調の調整もできず多くの日本人は受難することでしょう。

Antique

Harrodsの箱を車に積み込みアンティークを漁りに来た私達。
英国製のカップ&ソーサーが出迎えてくれますが、eBayで”予習”しすぎたおかげで新鮮味はやや劣ります。

積み重なったガラスの数々。英国骨董の宝庫で千円からガラスが手に入ります
しかしバックスタンドさえ描いてない無名な食器ばかりで、この中から良いものを探すのは経験が必要です。

再びハロッズに戻り暇を潰す私達。
高級車の脇をブラックキャブが慌ただしく駆け抜けます。

悪天候の中ジャガーに乗り込みコッツウォルズを目指します。
大事な事を言い忘れていましたが、先程までの写真はニコンのCOOL PIX Aで撮影しました。
ここからはCANON EOS Rをカバンから取り出します。ミラーレスであっても重たいことには違いありません。

おすすめの記事